にーはお!fumiです!

 

さて、中国男子卓球の代表メンバーですが、

どうやらオリンピックにこの選手が出てきそうです・・・!

王楚欽(ワンチューチン)選手!

画像元
https://twitter.com/

 

中国卓球の明日を担う、若きエースですが!

なんでも一癖ある選手だというので・・・?

これは調査しましょう!

 

 

王楚欽の読み方は?

 

まず読み方になりますが、

ピンインはWang Chuqinですね。

カタカナでいうと、ワンチュ―チンとなります。

 

ちなみに、日本語読みになると、

おう そきんでしょうか。

 

中国選手は日本でもメジャーになると突然日本語読みになり始めるという事がありますので。。。

そう呼ばれる日が近いかも苦笑

 

wikiや経歴プロフィールは?

画像元
https://takkyu-navi.jp/

 

現在(2020.02)世界ランキング17位ですが、

上にいる、林高遠選手を押しのけて、世界卓球に出場することがきまっています。

この勢いで東京五輪も・・・!?

 

経歴をみてみましょう!

 

名前:王楚钦

ニックネーム:大头

出生地:吉林省

生年月日:2000年5月11日

 

なんとまだ19歳、東京五輪のときは20歳の若者です。

あの日本の張本選手と同世代ということになりますね。

 

中国代表入りはなんと15歳のとき。

いかに卓球が若者の反射神経を必要としているということがわかります。

 

2018年の世界卓球では、先輩たちに混じり団体で金メダルを獲得。

この選手がまさに中国卓球代表の世代交代を象徴しているのかもしれません。

 

ちなみに、ニックネームは面白く、「でかい頭」です。

でか頭とでもいうべきでしょうか。

そんなに頭がでかいのかは謎です。

 

 

彼女はいるの?

 

彼女を調査・・・!してみると?

 

こんな画像が!

画像元
https://kknews.cc/

 

こ、これは!

いい感じじゃないですか!!!

 

ほっぺを触るなんてなかなか大胆。

相手は同じ中国女子代表の孫穎莎(スンインシャ)選手ですね。

 

上記の項目では浮いた話はないと書き、

中国語サイトでもみつかりませんでしたが・・・

 

これは片思いなのでしょうか?

うーん。

 

 

事件の内容は!?

 

そして、一癖あるといったのが、

王選手は謹慎していたことがあったから。

 

「事件」は前日の11月13日、ITTFワールドツアープラチナ・オーストリアオープンの決勝トーナメント進出決定戦で発生。チームメイトの趙子豪と対戦した王楚欽が、ゲームカウント0ー2の3ゲーム目、6ー10から失点。苛立ちを抑えきれず、ラケットを放り投げてしまった。趙子豪サイドのコートで弾み、フロアに落ちたラケットは趙子豪が拾い上げた。試合は結局、王楚欽が0ー3から3ー3まで追い上げたものの、趙子豪が4ー3で勝利。趙子豪はそこから決勝まで勝ち上がり、樊振東に敗れたものの、準優勝という好成績を残している。

引用元
https://world-tt.com/

 

王選手、キレてしまったということなんですね。

うーん、若者あるある。

カッとなってしまったのは残念ですね~

 

まだ若いからともいえそうですが、

そのプレースタイルは反対に粘り強いものなのです!

 

年齢を重ねていくにつれ、

今後精神鍛錬が進んでいくものとも取れますね。

 

まとめ

 

ということで、王選手についてでした!

 

中国の若きスターはたくさん話題を提供してくれました。

まさにそれがスターの条件ともいえます苦笑

ぜひ、張本選手とのガチンコ若者対決をみてみたいところです!

おじさんは応援します(どっちも)

 

それでは!

 

こちらの記事もどうぞ!